「オキナワ・リアル・リサーチ」のベネフィットは何?
一番の大きな違いは、ネット調査と標本調査の違いです。
標本調査とは、調査対象となる母集団を特定して対象者を抽出します。

調査地域、対象年齢、既婚・未婚、職業など様々な属性から調査を実施しますが
ネット調査ではモニター利用者に限定され、さらに質問に関心がある人や
謝礼や魅力を感じる人が正確な回答をします。

■「オキナワ・リアル・リサーチ」では地元の強みを活かし、調査エリアを
時間や曜日、人が集まる場所などで来場者調査を実施しますので偏った、
年代構成や回答のバイアス(先入観・偏見・偏り・傾向)を避けることが可能です。

実際に調査では、様々な回答バイアスが発生します。
例とし、どこの会社やお店が調査しているのだろう。1番目の回答が依頼の
会社やお店かな?好きだから良いにしておくか!嫌いだから悪いにしておくか!

こんなに質問数が多いのか~、なら適当に1番にマルをしておくか!
質問の意味が分からないんですけど・・・適当に「はい」にしておくか!
ネット調査の回答傾向では、回答時間が短ったり、全ての回答が同一であったり
自由回答がコピペであったりなど、「対面・記述式」に比べ目視でチェックができないので
適当感が出てくるのですが・・・

「オキナワ・リアル・リサーチ」では対面・記述式や調査員による、質問・対話形式の為、本音の意見を聞けることもあります。また、調査協力としてPRグッズや割引券なども配布でき、新規来店の動機づけや調査内容への関心を高めることができます。

■以前の調査では、調査対象へ割引チケットを配布したところ、半数以上が
新規来店して購入したという結果もあります。
エリアや時間などで調査地域を変更するので、時間はネットの倍以上かかりますが
ネットでは分からない、リアルな意見を知りたい方へオススメです。

※調査対象の業種(ジャンル)につき、1社限定ですので!
お早めのお問い合わせお待ちしております。