こんにちは、CROMSSです。

CROMSSはマーケティングリサーチを活用して、問題の解決や売上UPのお手伝い

お客様(ユーザー)視点の改善案をご提案、マーケティングリサーチの

「コンサルティング」を行っています。

沖縄でビジネスを展開するなら、やはり人口の多い那覇で店舗出店を検討する思いますが、

市町村別人口NO1は那覇だと分かりますが・・・NO2以降の市の人口ってご存知ですか?

【 平成29年 市別人口 TOP11 】

1位  那覇市   319,242人
2位  沖縄市   140,830人
3位  うるま市  120,136人
4位  浦添市   114,511人
5位  宜野湾市  97,009人
6位  豊見城市  62,715人
7位  名護市   62,265人
8位  糸満市   59,811人
9位  宮古島市  51,161人
10位  石垣市     47,757人
11位  南城市   42,938人

出典:沖縄県企画統計課

1位はダントツの那覇市で約32万人!2位の沖縄市の2.28倍以上です。

2位は沖縄市、3位はうるま市と中部地区の人口も多いですね!

ですが!見方を少し変えると、2位の沖縄市、14万人プラス

3位のうるま市、12万人を加算すると26万人の商圏があるともいえます。
(見え方、考え方を別方向からも読むのが重要です。)

イオンモールライカムシティも常に人が多いのはその人口流入も考えてかもしれません!
(安易に1位が凄いで終わらないで、では!と考えないといけないですね。)

マーケティングリサーチの際は中部地区の調査実施も重要だと思います。

 

他にも、どんな事ができるの?や顧客以外の販路開拓もしたいなどの
お悩みなどがあれば、ご連絡お待ちしております。

ご相談、お問い合わせはもちろん「無料」です。
是非、お気軽にお問い合わせください。


【マーケティングリサーチ・沖縄での市場調査なら】
CROMSS : http://www.cromss.jp
CROMSS(クロムス)℡:050-3551-9684